2010年03月04日

濃霧の影響、羽田で欠航多数 タンカー接触事故も(産経新聞)

 25日朝、濃霧による視界不良のため、羽田空港では欠航便が相次ぎ、空のダイヤが大きく乱れた。

  [フォト]羽田空港内も大混雑

 同空港では視界不良のため早朝から離着陸を制限しており、国土交通省東京空港事務所や航空各社によると、同日正午時現在で80便以上が欠航している。羽田に到着予定だったが着陸できず出発地に引き返したり、30便以上が目的地の変更や出発地への引き返しを指示され、出発が30分以上遅れた便も40便以上にのぼり、3時間20分以上遅れた便もある。

 東京空港事務所によると、天候は徐々に回復。同日正午ごろには通常の離発着が始まったが、ダイヤの乱れは終日続く見通し。

 日本航空によると、午前10時30分現在、札幌(千歳)、大阪(伊丹)、福岡などと羽田を結ぶ36便が欠航し、約5900人に影響が出た。目的地の変更や出発地への引き返しも15便に上った。欠航便の数や遅れは今後も拡大しそうだという。

 全日空では正午現在で、大阪(伊丹)、札幌(千歳)などから羽田に向かう予定だった計59便が欠航。目的地の変更や離陸後に出発地に引き返した便も14便に上り、合計約1万5100人に影響が出た。

 一方、濃霧の影響は航路にも出た。

 東京海上保安部によると、同日午前7時5分ごろ、羽田空港の東約2300メートル付近で、羽田沖では停まっていた石材運搬船にタンカーが接触する事故が発生。けが人や海上への油の流出はなかったが、海保は巡視艇を出して詳しい経緯を調べている。横須賀(久里浜)と千葉県富津市(金谷)を結ぶ東京湾フェリーも視界不良のため午前9時過ぎ以降、4便が相次いで欠航した。

 東京湾では視界が1キロ以下に悪化したため、大型船の航行を規制。同日午前8時から東京湾への入口となる浦賀水道航路で、長さ200メートルを超す巨大船と重さ1万トン以上の船舶は通行できなくなっている。

 横浜港では貨物の積み卸しの作業も中止。東京港でも現場を確認し作業を中止するか否かを判断する。

 気象庁によると、関東地方は、南からの温かい湿った空気が海上で冷却し、霧が発生したため、濃霧注意報を出した。

【関連記事】
富士山見えなかったら無料乗車券プレゼント 富士急行
関西各地で濃霧 明石海峡のフェリーも欠航
滋賀で濃霧、JR東海道線遅れ影響2.8万人
近畿各地で霧、明石海峡でフェリー8便欠航
豪雨被害の上空 赤茶けた山肌、冠水続く道路、自然の猛威まざまざ

咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
蒸し器
高校生就職内定率74・8%、下落幅は過去最悪(読売新聞)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)
神戸新聞、デイリースポーツを吸収合併へ(読売新聞)
posted by ハトリ ヒロユキ at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。