2010年04月14日

不法残留の韓国人男性自殺=東日本入国管理センター−茨城(時事通信)

 入管難民法違反(不法残留)で強制退去処分を受け、法務省東日本入国管理センター(茨城県牛久市久野町)に収容されていた韓国人男性(47)が、自殺を図り死亡したことが、10日分かった。
 同センターによると、男性は9日午後4時半ごろ、収容施設内のシャワー室で首をつっているのを入国警備官が発見。男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 シャワー室は、一定の時間で房内から自由に行き来できる場所だった。男性は昨年11月、強制退去処分を受け収容されていた。
 同センターでは2月にも、収容中のブラジル国籍の男性(25)が、房内でごみ袋をひも状にして首をつって自殺している。 

【関連ニュース】
不法残留、10万人割る=法務省
ミャンマー人男性は「難民」=不認定処分取り消し
「指紋テープ」で不法入国=韓国人の女2人を逮捕
老舗旅館社長ら書類送検=不正に中国人働かせた疑い
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに

<JR中央線>武蔵小金井駅で人身事故、上りで運転見合わせ(毎日新聞)
【第48期囲碁十段戦】第3局 下辺で激しい競り合い(産経新聞)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
posted by ハトリ ヒロユキ at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。